よくあるご質問

   Q 技能実習3号へ移行する実習生の処理の仕方が分らない。


 

   A−1  実習生が帰国済み(途中帰国済み)の場合

      @新制度(臨時版)を立ち上げます。

      A出国処理(1号・2号)で実習生の出国処理を行います。

        出国処理の方法につきましては、こちらをご参照ください。

     B新制度(臨時版)メニューの【3号予定者の設定】を開きます。

     C「データ入力」ボタンをクリックし、監理団体・実習実施者を選択し実習生の方を表示します。
     D「□移行予定」にチェックを入れ、移行予定日を入力します。

     E「確認」ボタンをクリックし、データの更新をします。

 

   A−2  実習生が帰国前の場合

     @新制度(臨時版)を立ち上げます。

     A【3号予定者の設定】を開きます。

     B「データ入力」ボタンをクリックし、監理団体・実習実施者を選択し実習生の方を表示します。
     C「□移行予定」にチェックを入れ、移行予定日を入力します。

     D「確認」ボタンをクリックし、データの更新をします。

     E実習生が帰国した段階で、出国処理(1号・2号)で実習生の出国処理を行います。

        出国処理の方法につきましては、こちらをご参照ください。

 

   A−3  実習1号・2号と別の企業で3号に移行する場合

     1号・2号と別企業で3号に移行する場合は、事前に実習生の移動処理をします。

     移動処理の手順につきましては、こちらをご参照ください。また、移動処理を行う前に予め出国処理

     を行います。出国処理の方法につきましては、こちらをご参照ください。

     移動処理をする時は、以下の点に気をつけて行ってください。

         ・移動日は、実習生の帰国日〜再入国予定日の間で設定してください。

         ・対象の技能実習生を選択する際、「帰国者検索」で検索を行ってください。

     3号予定者への移行については、以下の通りとなります。

        @新制度(臨時版)を立ち上げます。

        A【3号予定者の設定】を開きます。

        B「データ入力」ボタンをクリックし、監理団体・実習実施者を選択し実習生の方を表示します。
        C「□移行予定」にチェックを入れ、移行予定日を入力します。

        D「確認」ボタンをクリックし、データの更新をします。

 

   A−4  実習1号・2号を他組合で行い、3号で新規に受け入れする実習生の場合

     @移動処理用の組合マスタを作成します。作成手順につきましては、こちらをご参照ください。

        尚、組合名は「移動処理用組合」等にし、その他の項目は省略していただいて問題ありません。

     A移動処理用の機関マスタを作成します。

      1.実習生チャイナくんを立ち上げます。

      2.実習生管理メニューの【マスタ保守】を開きます。

      3.【機関マスタ(実習実施者)】を開きます。

      4.「新規」をクリックします。

      5.組合を選択します。この時、@で作成した「移動処理用組合」を選択してください。

      6.機関コードを入力し、機関名を入力します。

               尚、機関名は「移動処理用機関」等にし、その他の項目は省略していただいて

               問題ありません。

      7.「確認ボタン」をクリックし、データの更新をします。

     B実習生を登録します。

      1.実習生管理メニューの【実習生登録】を開きます。

      2.「実習生登録」をクリックします。

      3.「組合」と「受入れ機関」を選択します。

               この時、@・Aで作成した組合と受入れ機関を選択してください。

      4.実習生の各情報を入力します。

        尚、「入国予定日」につきましては1号時点での入国予定日となります(省略可)。

      5.「確認」ボタンをクリックし、登録をします。

     CBで登録した実習生の1号入国処理をします。手順につきましては、こちらをご参照ください。

        入国処理をする時は、以下の点に気をつけて行ってください。

            ・入国日は、1号時の日付となります。日付が不明な場合は、出国日の3年前の日付で

              問題ありません。また、入国日以外の項目につきましては省略していただいて問題ありません。

        また、これ以降の処理は新制度(臨時版)で行います。

     D実習生の2号移行処理をします。手順につきましては、こちらをご参照ください。

        2号移行処理をする時は、以下の点に気をつけて行ってください。

            ・2号移行日は、入国日の1年後の日付で問題ありません。

     E実習生の出国処理をします。手順につきましては、こちらをご参照ください。

     F実習生の移動処理をします。手順につきましては、こちらをご参照ください。

        移動処理をする時は、以下の点に気をつけて行ってください。

            ・移動日は、実習生の帰国日〜再入国予定日の間で設定してください。

            ・対象の技能実習生を選択する際、「帰国者検索」で検索を行ってください。

        また、これ以降の処理は実習生チャイナくんで行います。

     3号予定者への移行については、以下の通りとなります。

        @新制度(臨時版)を立ち上げます。

        A【3号予定者の設定】を開きます。

        B「データ入力」ボタンをクリックし、監理団体・実習実施者を選択し実習生の方を表示します。
        C「□移行予定」にチェックを入れ、移行予定日を入力します。

        D「確認」ボタンをクリックし、データの更新をします。

 

 

【戻る】